電気関係の工事

新たに店舗を設置する場合、どんな業種であっても、まず電気工事が必須になります。例えばインテリアの照明に凝り過ぎていて、開業した後に電気容量が足りないというトラブルもあり得るそうです。店舗を作る時には、内装のデザインもちろんですが、それらを支える電気関係にもしっかりと目を向けなければいけません。
また、一口に電気工事と言っても、内訳は様々あります。例えば乾線工事では配線部分の工事を指します。既に配線がある場合には必要ないですが、照明を多く要して容量が足りないという場合や、新たに設置をする場合には必須の工事になります。分電盤工事では、その名の通り、分電盤を新たに設置する工事です。乾線工事と同じく分電盤や容量が足りない時に設置をします。他にも、スイッチを連動させるスイッチ工事、100ボルトより少ない電圧の工事を行う弱電工事、分電盤から照明の器具までの配線を整える電灯工事などが存在します。それぞれ店によって必要な工事は変わってきますし、工事の内容に関しては、専門の電気工事士の資格を持った人でないと取り扱えないものもあるそうです。また、電気関係の工事を行う場合には、電力会社に様々な申請を行う必要があります。申請のためには、図面や資料などを用意し、検査のために立ち会うということもしなければなりません。これらの申請手続きも、専門の電気工事の会社が行うことが多いそうで、発生する費用も場合によって変わってきます。
工事には資格や専門的な知識が必要となり、申請には手間が掛かります。店舗デザインを行う場合には、様々なことで時間が取られます。初めからそれぞれ専門の業者に依頼をして進めた方が安心となる場合も多いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です