色の選び方

店舗のデザインを行う上で、色は重要な要素のひとつとなっています。例えば飲食店であれば、食欲を刺激させる暖色が使われる傾向にあり、逆に食欲をなくしてしまう青系の色は避けられるそうです。天井に膨張色である白などの進出色を使うと奥行きがあるように見え、広々した印象を与えることができ、黒などの後退色を使うと引き締まった印象を与えることができると言われています。どの色を置くかによって店の印象が大きく変わってくるため、色の特徴をしっかり理解しておく必要があるでしょう。
また、色そのものの効果だけではなく、組み合わせである「配色」についても気を配らなくてはなりません。それぞれに効果があるからと好きに色を置きすぎると、まとまりがなくなってしまい、落ち着かない散らかった印象を与えてしまいます。温かみを感じる配色としては、アースカラーがよく使われる配色のひとつとなっているようです。アースカラーはその名の通り、自然などをイメージした色となっています。緑色や茶色が多く使われており、落ち着いた雰囲気になっているそうです。そのため、くつろぎやすい空間を演出することが可能となり、親しみやすさから新規の客にも店に入りやすそうと思ってもらえる効果があると言われています。木製のテーブルや椅子はもちろん、床の素材として使われている飲食店も多く存在しています。多くの店に使われるだけあって、非常に効果の高い配色になっています。
配色パターンは、アースカラーに限らず様々な種類が存在します。まずは自分の作りたい店舗に合った色選びを行わなくてはいけません。一般的に使われる配色を確認しながら、理想の店舗デザインに近いものを選んでいきましょう。

お店の開店を考えている貴方に。店舗作りをアドバイス。