看板の種類と選び方

お店をアピールするための方法はいくつかありますが、その一つとして看板を使うという方法が挙げられます。看板制作をするにも予算は低くて問題ありませんし、設置をするにも大きな工事も必要ないことが多く、非常にコストパフォーマンスが良いとされています。看板にはどのような種類があるのでしょうか。
最も安い看板の一つとして、のぼり旗が一般的です。長い棒に布製の旗を取り付けたもので、大きさがある割に安価で、大量設置も可能になっています。1万円前後が相場とされているそうで、撤去も手間が要りません。よく見かけるものとして、他にスタンド看板があります。店の入り口に出されることが多く、料金やサービス内容が書かれています。簡単に移動をすることもできますし、折り畳めるので収納もしやすいです。この看板を見て入店を決めるお客も多いので、飲食店などでは使われることが非常に多いと言われています。ただし敷地外に設置してしまうと違法になってしまう可能性がありますので、設置に問題ない場所かどうか、しっかりと確認をする必要があります。相場は高いもので20万円ほど、安いものであれば5万円程度と幅のある看板とされています。
他にも、ロゴなどをガラスに貼るカッティングシート式の看板、路地など目立つ場所に設置する野立て看板、突出し看板とも呼ばれる道路に突き出して設置される袖看板、テントとしても使用できデザインにも拘ることが可能なテント看板など、様々な種類があります。ずっと立てたままにできる外部看板であれば、店が営業時間外である場合にもアピールすることが可能になります。大きなものはそれだけ費用や工期が発生しますが、それだけ集客力が大きくなります。

お店の開店を考えている貴方に。店舗作りをアドバイス。