施工会社の選び方

店舗のデザインを行う際には、デザイン会社でデザインを決定した後に、その案を設計図にして施工会社に依頼を行います。この設計図がしっかり完成していなければ、施工会社は実際に工事を進めることができません。
施工会社を選ぶ時もよく考えて決定しなくてはなりません。施工は、言葉の通り実際に工事を行う工程を指します。デザイン会社と施工会社は、基本的には別々に経営しています。もちろん自分で施工会社を探してきても良いのですが、多くの場合では、依頼をしたデザイン会社が、施工会社を紹介してくれるそうです。自分の知識がある場合や別に何か繋がりがある場合、建物自体が大きくなる場合などを除けば、信頼できるデザイン会社にそのまま紹介してもらった方が安心と言えるかもしれません。デザイン会社と施工会社が繋がっていることで、一貫したイメージ通りの店舗作りも、やりやすいと言えます。ただし、あくまでもデザイン会社と施工会社のコミュニケーションが取れている場合の考え方と言えます。状況を見ながら、自分に合った方法を取っていきましょう。
施工会社の仕事は、内装工事の取りまとめです。水道関係や家具関係など、様々な業者の指揮を取って、スケジュール通りに工事を勧めていきます。店舗オープンの日程から逆算して進めていきますので、営業スケジュールも前もって決めておく必要があります。
施工は大きく分けて、二種類に分かれています。一つは、電気などの必須となる設備関係の工事で、もう一つは看板などの装飾関係である造作工事にあたります。これらにどれだけ手間を掛けるかによって、料金は変わってくるそうです。初めの打ち合わせの時点で予算をしっかりと相談しておきましょう。

お店の開店を考えている貴方に。店舗作りをアドバイス。